千明@アメリカ海軍横須賀基地

アメリカ海軍横須賀基地の主な催し

アメリカ海軍横須賀基地は以下の催しの都度一般公開されます。
4月日米親善横須賀桜祭り
5〜6月歴史友好ベースツアー
7月横須賀花火大会
8月フレンドシップデイ
9月みこしパレード

空母インディペンデンス」は現在横須賀基地を母港にしていますが、1998.9に退役が決まり(98.6.6 東京新聞より)、1998.7.7には本土にむけ横須賀基地を出航しました(98.7.8 東京新聞より)。後継艦は、1994年に一度横須賀に寄港したことがある「空母キティホーク」が1998.8.11に横須賀に入港しました。(98.8.12 東京新聞より)
「空母キティホーク」は1961年就役、現在米アメラダを母港にしている81,123tの空母です。なお、就役期間は2005年、までの予定となっています。
これで、横須賀を母港にする空母は初代「ミッドウェー」、2代目「インディペンデンス」に続き、「キティホーク」は3代目となります。
なお、この「キティーホーク」就役後、4代目の空母は原子力空母が配置される事が予定されています。原子力空母の母港化は何らかの論議を呼びそうですが、既に原子力潜水艦は年に数回から数十回寄港しているそうです(98.9.19 東京新聞より)。


日米親善横須賀桜祭り

基地内の住居地域(桜並木がある)が解放され、パレードやステージ演奏大道芸などが行われます。飲食物の持ち込みはできません(中ではMACやレストランが営業しています)。

フレンドシップデイ

FriendshipDay 基地の一部施設が解放され、空母や護衛艦の見学ができます。 基地内沿道では隊員による模擬店や記念撮影コーナーなどが出展されます(ドル札OK)。
98.8.23のフレンドシップデイはアメリカがアメリカ大使館テロ爆破の報復攻撃を行った事により警戒体制がしかれた為に中止となりました。そのかわり99.2.21に日付けをづらして行われました。この時は、横須賀を母港とした空母キティーホークの初公開(99.2.22東京新聞より)となりましたが、今までにくらべて公開される規模が縮小されていました。
99夏のフレンドシップデーは、2.21に行ったばかりと空母コンステレーションが入港(99.7.23 東京新聞より)したと言う事も有り、7/24の横須賀中央の花火大会の為の一般公開日に合わせて行ってしまいました。
2004年8月1日のフレンドシップデー

みこしパレード

横須賀市内の御輿や山車、木遣りが横須賀の中央大通りと基地内のクレメント通り間をパレードします。このとき、基地内のクレメント通りとグランドが開放されます。
98.9.27のパレードはフレンドシップ同様、基地の開放は中止となりました。

歴史友好ベースツアー(1998.5より新規)

申し込み制(市観光課)
基地内の歴史的名所や史跡をガイドと共に巡ります。
基地内の主な名所史跡


基地にはスーパーダイエイが隣接しており、その屋上駐車場から基地の一部を覗く事ができます。正面の2、3階立てぐらいの倉庫みたいな建物は計算センターです。右手のビルは通信センターです。
横須賀米軍基地 横須賀米軍基地

米軍基地には海上自衛隊横須賀基地も隣接しており、自衛隊の設備は米軍基地内にも存在しています。これって、アメリカ国内に日本の自衛隊の設備が有る事になります。
横須賀米軍基地

基地代表電話21-1911
基地のページhttp://www.pwcyoko.navy.mil


../横須賀の紹介../../千明@横須賀
chiaki