1993年8月11日、勤務先から徒歩による帰宅を試みる事にした。


全行程約40Km、予定所要時間は12時間。予定の行程は、平塚の八幡工業団地内にある勤め先から、国道134号に出て、その後海岸沿いに、茅ヶ崎、辻堂、江の島、逗子と進み、県道27号で横須賀市に入る。そして、衣笠駅の前を通り、我が家に向かうつもりである。
出発に今日を選んだのは、明日8月12日から勤め先が夏休みに入る為、何かあっても仕事には影響無いとの判断から決めた。まあ、暴漢に襲われて大怪我や最悪命を脅かされれば休みが明けても出勤はできないだろうが…。
と言うことで、今は夏休み前に毎年行われる会社主催の納涼祭が会社敷地内の駐車場で行われている。私も出店のおでんを食べて腹を満たしてから出発することにした。いざ出発という時に同僚から「暴漢に襲われなくても、筋肉痛が休み中取れなくて、きっと出勤できないよ。」言われ、一瞬たじろいでしまった。が、気を取り直していざ出発。

タイムチャートへ
次の章)18:37勤め先を出発する。